読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スリルな一日日記!

こんちは!
近所の銀行のリスが異様に怖いARuFaです。


怖過ぎませんか。目が。
何も持っていない自分の手をジッと見つめてるんですよ。何日も何日も。


何か大きな過ちを犯してしまったのか。それとも何度洗っても血の臭いが落ちないのか。
どちらにせよこのリスはマトモじゃないので、早々に病院へ行くか、両手の間に可愛いドングリちゃんでも挟んでほしいものです。


・・・さて、そんな僕ですが、先日からひいていた風邪がやっと治りました。
「自分のケツを燃やす」という先祖代々涙を流すであろう撮影をした結果、火傷をした上に風邪をひいた僕なのですが、病院に行って薬をもらったところ無事完治することができました。
ケツに負った軽い火傷は、保冷剤の代わりに冷やしたコンニャクをケツに当てて治したのですが、風邪の方はしっかりした量の薬をもらってしまいました。
ちなみに「風邪をひいた時には悪夢を見る」とよく言いますが、僕が見たのは子供達が吹いたシャボン玉を茂木健一郎が片っ端から割っていく夢だったので、悪夢じゃなくて一安心です。
 

まあ、部屋は悪夢のように散らかりましたけどね。
風邪をひいている時って、掃除より何より自分の体が第一な思考になってしまっているので、風邪が治るたびにこの光景に悩まされています。
何ていうかこう、毎日決まった時間に床がパカっと開いて、いらないものだけを処分してくれるような家に住んでみたいですね。
・・・さあ、そんな妄想をしながら今日も仕事へと向かう僕。
今日は、出社早々にダンボールを引きちぎりまくりました。
 

僕の会社では「無くならない争い」「不透明な政治」「過激化する犯罪」などに対する行き場の無い不満をダンボールにぶつけ、その残骸を社長の机にぶちまけるという文化があるのですが、今月はその強化月間なのです。
というのは冗談で、ダンボールゴミを捨てるために細かくちぎっているところです。
僕の会社ではダンボールを貯めに貯めてはこうして一気に全員でちぎるのですが、何となく文化祭感がして結構好きな作業だったりします。
最終的に足元には細かいダンボールが山のように積み上がるのですが、毎回のように「ここに火をつけたらどうなるんだろう」と言う人がいて怖いです。
「どうなるんだろう」っていうか会社がになるだけなので、やるとしたら地球最後の日くらいにしてほしいな、と毎回思います。
 

さて、会社が炭になると言えば、本日の昼食は先輩達と一緒に炭火焼肉ランチを食べに行きました。
焼肉は素晴らしいですよね。ただ肉を焼いているだけだというのに、何故あそこまで人を夢中にさせるのかが不思議でなりません。
これは僕の想像なのですが、焼肉が人気なのは、恐らく原始時代にマンモスを食べていた頃からずっと受け継がれてきた食べ物だからだと思うんですよね。
最も原始的な食べ物だからゆえに、最も食欲を刺激する料理・・・それが焼肉なのではないでしょうか。
 

・・・そのため、会社の先輩である原宿さんが、まだ火も着いていない網に肉を置いてしまった気持ちもわかります。
 

焼肉になるべくして生まれてきたこの肉は、果たして火の着いていない網に乗せられて何を思っているのでしょう。
恐らく、熱々の網の上で「ジュワー!」と音を立てて焼けることを目標としてきた肉達に対して、ここまでの屈辱はないと思います。
 

肉を置いた張本人の原宿さんは、笑っちゃっていました。
僕も原宿さんが肉を網に乗せた瞬間があまりにも無音だったので、ちょっと笑っちゃいました。
結局、原宿さんの肉は低温でじっくり焼かれたため、ビーフジャーキーのミイラみたいになっていましたが、何だか味が凝縮されて美味しそうでした。
 

ちなみに焼肉屋の下にはメチャクチャ怖いことを書いたマッサージ屋があって震えました。
 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

そして昼食の後は他社に打ち合わせに行ったり、会議をしたりしました。
会議中、先輩の加藤さんがずっとブリーフ姿だったのですが、誰も何も指摘しなかったのがとても怖かったです。
・・・思い返せば、今日は何だか怖いことばかりが立て続けに起こっている気がします。
今まで8年間ブログを書き続けてきた経験上、「同じようなことが立て続けに起こるとそれが一日中続く法則」を発見している僕は、これからさらにどんな怖いことが起こるのかと思うと恐ろしくなってしまい、会社から家に帰った後はどこにも行かずに家の中でじっとしていました。
結局、あの後から起こった怖いことと言えば、「歯が全部抜けた下アゴみたいな場所」を見つけたぐらいだったので僕の思い過ごしで済んで良かったです。
 
歯が抜けた下アゴみたいな場所
・・・そして家に帰った後は、買ってきた缶コーヒーを布団にこぼして今に至ります。
今日はこぼした缶コーヒーのせいで直接床に寝ることになりましたが、何とかバスタオルだけでしのいでみたいと思います。
今日は怖いことがたくさん起きたので、明日はできるだけノンビリと、心安らぐ一日を過ごしたいです!
それでは、今日はこのへんで失礼致します!
ではまた!