読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワクワク打ち合わせ日記!

こんちは!
先日、何の意味も無く友人とヤギを見に行ったARuFaです。
 

友人の名はコビ君。以前グルグルバットをしてくれた僕の高校の頃からの友人です。
僕等が何故ヤギを見に行ったのかというと理由は特に無く、2人で何気なく話している時に、
「何かわからんけど、ヤギでしょ。」
と、意見が一致したため、車を出してまで見に行くことになったのです。やはり平日に大学生が2人集まれば、ヤギを見るしかないですからね。
で、見に行ったところ、ヤギがいました。
 
めっちゃヤギ
ヤギを見に行っている手前こんなことを言うのも変ですが、めちゃくちゃヤギっぽいヤギでした。
大学生2人が「これぞヤギだな。」と感心する程ヤギっていましたからね。こいつなら絶対に黒ヤギさんから届いた手紙を食うはずです。
 

そんなわけで、僕等はそのヤギらしいヤギだけを必要以上に可愛がっていたのですが、
 
うわあああ
直後、嫉妬に狂った別のヤギが突進してきて殺されるかと思いました。ふれあい広場なのに殺されそうになるって何なんですかね。
動物の恐ろしさを改めて体験した僕等はふれあい広場から叫びながら退散し、ラーメン食って家に帰りました。
みなさんも、ヤギにはくれぐれもお気をつけ下さい。
 
・・・さて、そんな感じでヤギなのにトラウマを抱くというややこしい僕ですが、本日はとある人とお会いするために池袋へと行ってまいりました。
その「とある方」というのは、マホト君という、Youtubeに動画を毎日投稿しているお方です。
 
【マホト 君】
Twitterのアイコンより
数ある動画の一部
マホト君は、Youtubeのチャンネル登録数は20万人を超え、Twitterのフォロワー数では9万人を超えるというスーパー有名人。
Youtubeを利用したことがある方ならば、一度は彼の動画を見たことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。
かくいう僕もはるか昔、彼の「ボンドで髪を整えてみた」という頭のおかしい動画を見てから彼を知るようになり、今では立派なファンですからね。
しかし、聞くところによると、なんとマホト君もこのブログを読んでくれているというではありませんか!
それをお互いに知ってからというもの、僕等は何度かメールをやりとりし、見事に意気投合。
その後、「二人で何かしようぜ!ヤッホー!」となり、本日はその打ち合わせと称して池袋でお会いすることになったのです。
僕からすれば、ずっと会いたいと思っていた相手に会えるということで、一応前日の夜には美肌パックで肌質を整えておくことにしました。
 

イかれた殺人鬼のようですが、僕です。
やはり、初めてお会いする方との円滑なコミュニケーションには、肌の保湿が欠かせませんからね。
例えば、あなたの目の前に『保湿が完璧な叶姉妹』と『縄文土器』があった場合、あなたはどちらとコミュニケーションを取りたいと思うでしょうか。
答えはきっと『保湿が完璧な叶姉妹』でしょう。何故なら叶姉妹の保湿が完璧であり、反対に縄文土器の表面がカッサカサだからです。
逆に、叶姉妹を差し置いて縄文土器とコミュニケーションをとっている人がいたとしたら、それは確実に頭のおかしい人なので関わらないほうがいいでしょう。
以上のことから、肌の保湿はコミュニケーションを円滑に進めるための大切な要因といえるのです。
 

さあ、そして本日、肌がプルップルになった僕は、待ち合わせの時間である18時30分頃に池袋駅に到着しました。
池袋駅には大学1年生〜3年生時まで通っていたのですが、現在は別のキャンパスに通っているため、僕からすれば久しぶりの池袋駅
そんな久しぶりの池袋は・・・
 

人〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!
 

人々〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!
 

後ろ人々〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!
 

おえーーーーーーーーーー!!!!!!
と、久しぶりに経験する大勢の人を前に、見事に人酔いをしてしまいました。
しかし、よくよく考えれば自分もその人々の中の一員だということに気付き、何とか正気を保った僕は待ち合わせ場所へと向かいました。
・・・するとそこにはマホト君が君臨しており、僕等は無事合流することができました。
 
俺  「あーー!! どうもこんばんはーー!!!!!!!!!!!」
マホト「こんばんは! 声でかいな!!」
俺  「どうもどうも! ARuFaです!」
マホト「ずっと会いたかったです!」
俺  「いやいやそれを言うなら僕もです!!」
長い間インターネット上で活動を見合っていた事もあり、お互いに初めてあった気がせず、僕等はすぐに打ち解けて近くの喫茶店で打ち合わせと称した雑談をしました。
 

打ち合わせの内容こそまだヒミツですが、楽しそうな事ができそうな予感をビシビシと感じることができた打ち合わせでした。
近いうちに一緒に何かするかもしれないので、その時には是非チェックして頂けると幸いです。
・・・そして1時間半程の打ち合わせを終えた後、僕等はラーメン屋で夕食を食べ、そして記念写真を撮影しました。
 
記念写真
この写真から新しい漢字が生まれそうな気もしますが、素敵な記念写真が撮影出来て良かったです。ちなみに写真は近くにいた人に撮影してもらいました。
そして、ラーメンを食べて満腹になった僕等は、21時過ぎに解散し、お互いに家路につきました。
  

「さようなら〜!」
そしてマホト君は地中に潜りマントルへ、僕は冥王星まで飛んでいき、お互いの家に帰ることができたのです。
と、いう訳で、本日はネット上で知り合った方に実際に会うことができ、非常に楽しい一日でした!
こういう機会はあまりないので、とても新鮮な一日となりました!
それでは、今日はこのへんで失礼致します!
ではまた!