読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北風極寒日記+出張記事のおしらせ!

こんちは!
先日、弁当を食おうと思って割り箸を割っただけで絶望したARuFaです。
 

だってこれですよ、これ。こんなことあるんですか? 目の前で割り箸が「木クズ」に変身したのは生まれて始めてです。
そんでもって、この世に『割り箸占い』が存在しなくて心底良かったなと安心しました。もしあったなら、この結果を出した僕は恐らく即死していたでしょう。
皆さんも割り箸の分割方法には是非ご注意下さい。こんな日常の些細なところに「絶望」は潜んでいるのです。
 

そんな僕は本日、朝9時に起床しました。
カーテンの外からは気持ちの良い朝日が差し込み、何とも清々しい朝・・・と思いきや、本日の朝はいつもとは圧倒的に違うことがありました。
「・・・何か知らんけど寒過ぎる。」
そう、本日の朝は、今までに経験したことがないくらい部屋が寒かったのです。
テレビをつけるとどうやら天気図がとんでもないことになっているらしく、細かい説明は理解できませんでしたが、『とにかく寒さがヤバイ』ということはわかりました。
試しに窓から腕だけを恐る恐る出して気温をテイスティングしてみたところ、そのあまりの寒さに吐きそうになりました。
腕を出しただけでも吐きそうになるのであれば、恐らく僕は玄関を出た瞬間にヴァンパイアのように粉微塵になって消えるでしょう。
とはいえ僕は会社に入社して1年目。「寒いので休みます」という事を言えるのはもう少し先なので、意を決して会社に行くことにしました。
 

と思ったら、今日は会社に出勤するのではなく、打ち合わせとして別の会社に直接行く予定でした。
そんな訳で僕は電車を乗り継ぎ渋谷に到着。駅から外に出ると、満員電車でかいた汗が一瞬で引くほど外は極寒の世界でした。
寒いというより「痛い」に近い気温で両手は氷のように冷たくなり、吹き荒れる北風は僕の安物の薄いジャンパーを容赦なく貫きます。
ここまで来ると不思議なもので、何だかもう地球に対しての怒りが沸いてきてしまい、僕は目的地の会社に到着するまで地球に対する悪口をたくさん考えていました。
いくつかご紹介するので、皆さんも地球にムカついた時は是非使ってみてください。


大きさが売りである地球に対する、最大の悪口。
 

海と陸地の割合が7:3らしいので。何かオシャレな料理の名前みたいになりました。
 

火星は火曜日、金星は金曜日なのに、「地曜日」って無いですもんね。
  

語感がいい。
 

高校生デビューみたいなやつです。
 
・・・以上になります。徒歩5分の目的地に到着するまでに、5つの罵詈雑言を地球に言ってやりました。
しかし、言えば言うほど僕の声は雲一つ無い空に吸い込まれていき、ただただ地球の大きさを痛感するばかり。
その内「どうして地球はできたんだろう」という終わりのない疑問に飲み込まれ、その圧倒的スケールに震えることしかできませんでした。
そしてその後、僕は会社の先輩と一緒に他社での打ち合わせに参加。
その帰りには、「ARuFa君は靴下とパンツにいつも穴が空いているから、買ってあげるよ」と、先輩から靴下とパンツを奢ってもらいました。
確かに僕の持っている靴下とパンツの約8割には穴が空いており、通気性は誰にも負けない感じなのですが、まさか奢ってもらえるとは思いませんでした。
うっかり「パンツと靴下、ごちそうさまです!」と言ってしまいそうになってしまいましたが、そうなると犯罪の臭いしかしないので普通にお礼をしました。
 

ちなみに、その靴下がこちらです。
 

二つ合わせると富士山のようになるので、僕の足が世界遺産に登録されるのも時間の問題でしょう。
そして、会社に戻った僕は本日も元気にお仕事(撮影とか)をし、19時頃に家に帰りました。
 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 

で、家に帰ると、僕が予想した通り室内は極寒の地と化していました。
部屋の中でさえ息が白くなっており、もはやここが室内なのかどうかすらわからなくなってきます。
とはいえ、暖房は電気代がかかってしまうため、僕は布団に包まってガタガタと震えていました。
 

息を吸うために顔だけは出さないと行けないのですが、こうしているとやはり顔が冷たくなってしまうため、
 

このように、顔とケツを交互に出したり引っ込めたりして、体全体を温めようと努力しました。。
・・・しかし、こんな非効率的で誰が得をするのかもわからない行為を続けているだけでは、身体が温まるわけがありません。
そこで僕は、ついに暖房の封印を解くことにしたのです。
 

ずっと電気の裏に隠していた暖房のリモコンを久しぶりに取り出し、久しぶりにスイッチを入れます。
 

「くっせぇ〜〜〜〜〜!!!!」
久しぶりに使用したからなのか、暖房からは何だか酸っぱい臭いがムンムンとしてきたので僕はすぐにスイッチを切りました。
僕の苦渋の決断で暖房を起動させたにも関わらず、部屋は全く温まらないどころか「全体的にちょっとだけ臭くなる」という最悪の結果に終わりました。
これからマジの冬が到来する前に、エアコンの掃除をしようと決意しつつ、今に至るという感じです!
 
あ、あと、僕が出張記事として書いた記事が本日公開されたので、良かったら是非読んでみてください。

「取りにくい『プリングルズの最後の方』を簡単に食べる方法を発見しました」
http://omocoro.jp/kiji/39130/
 
プリングルズの最後の方って全然届かなくて食べにくいですよね。なので今回はそれを食べやすくする方法を伝授する記事です。
お時間がある方は是非ご覧ください。
今日は気温が低く、ずっとブルブル震えていた一日でしたが、いつかやってくる春を心待ちにしながら冬を越したいと思います!
それでは今日はこのへんで!
ではまた!